2つのWatsonであなたのビジネスに変革を

Watson API

人が話したり書いたりする自然言語を理解し、
それを学習させると大量のデータの中から
適切な答えを導き出してくれます。
質問応答・意思決定支援のシステムなどに
適しており、画像認識や音声変換も可能です。

Watson Explorer

高度なテキストマイニング機能を
利用した分析や、企業内に散在するデータの
統合的な検索を行うことができます。
また分析結果を学習させることで、より効果的に
Watson APIを活用することができます。

高度な日本語解析力

高度な
日本語解析力

Watsonファミリー共通の自然言語処理技術により
フレーズ・パターン認識等、他社には真似のできない、精度の高い言語処理が可能です。
特に日本語解析は多くの賞を受賞しています。

質問応答

質問応答

顧客からの質問に対して、最適な返答をデータから探し出すことができます。
活用事例:チャットボット

分析機能

分析機能

例えばWEB上で検索されるワードのうち、知りたいワードが全体の中でどのくらいの割合を占めているかの相関値を知ることができます。
活用事例:SNSやお客様の声の分析

画像・音声認識

画像・音声認識

【画像認識】AとBというモノを比べた場合、類似度を〇〇%といったように表示できます。
【音声認識】人の話す言葉をテキスト文書に変換し認識、返答を考えて導き出して話すことができます。
活用事例:製造業の不良品発見・接客ロボット

検索機能

検索機能

社内外のプレゼン資料・お客様アンケート・口コミ・他人の日報など、異なるフォーマットから同一キーワードを横断的に検索できます。
活用事例:研究資料、マニュアル、社内文書

System Research × Watson API
システムリサーチは、Watsonを活用したサービスの提供から導入コンサルティングやアプリケーション開発などの技術支援ができることを認められた「IBM Watson エコシステムプログラム」のパートナーです。
System Research × Watson Explorer
SaaS提供なので、サーバーを準備いただかなくても、どこからでもすぐに利用できます。
また月額8万円からお試しいただけるので、スモールスタートしたいお客様にも最適です。

2つのWatsonを使い、より効果的なシステムを生み出す

例えば…
・セルフサービス型の接客や購買支援
・FAQを利用したサービス案内やヘルプデスクでの活用
・コールセンターでのオペレーター支援
・マニュアルや技術、法令などの文書の問い合わせ

例えばチャットボットを作りたいと考えた時、社内に散在しているデータの中には色々な表現方法や、
場合によっては間違っている情報なども含まれています。
Watson APIのみでも、ある程度の返答をさせることが可能ですが、情報が精査されていないため、間違ったことを答えたり、
うまく返答を返すことができないケースが発生します。
期待通りの返答を返すには、整ったFAQを準備する必要があります。
Watson APIに学習させるのに最適な情報を検索・分析・抽出するWatson
Explorerを用いることで精度の高い返答をするチャットボットに育てることが可能となります。

2つのWatsonを使い、より効果的なシステムを生み出す流れ

2つのWatsonを手軽に始められる
システムリサーチオリジナルパックを販売!

導入エントリーパック
("Watson API"×"Watson Explorer")

2017年8月 リリース

システムリサーチのエントリーパック 3つのメリット

2つのWatsonが
同時に使える
Watson APIとWatson Explorer両方を利用できる日本では数少ないベンダーです。どこよりも効果的なWatsonの利用環境を提供します。
始めやすい価格設定
本当に自社に合ったものかどうかわからないという声から、基本構成だからできる試しやすく明確な価格でご提供します。

Watson活用ノウハウと
導入支援
IBM,Softbankとの密な連携により、最新動向を踏まえSIerとして培った様々なノウハウから、お客様のニーズにあった導入を支援します。 もちろん導入後までしっかりサポート!

最新情報を取得したい方はこちらへご登録ください

会社名
担当者名(必須)
メールアドレス(必須)

※ケータイアドレスでご登録のお客様は、パソコンからのメールを受信出来るよう設定をお願い致します。
  受信拒否設定などで、当社からのご連絡が受信出来ない場合がございます。

(確認用)
お問い合わせ内容(任意)

※お電話でのお問い合わせは、052-413-3120(システム技術2部 Watson担当)までお願い致します。

トップへ